WordPress カスタムテンプレートでデザインを代える

WordPressの特定ページだけ、違うデザインへ変える

熊本でホームページを制作している、ITサポートMU3です。

今回は、カスタムテンプレートを作成して、デザインを変えます。
すでにこのページはカスタムテンプレートでデザイン変更をしていますので、以下の作成方法をご参照ください。

カスタムテンプレート作成に当たって

カスタムテンプレート作成に当たり、固定ページや投稿のコンテンツの出力部分のプログラムの記載が必要となります。
今回は、ヘッダ・フッダ部分を作成し、固定ページ・投稿のコンテンツ出力は、single.phpのコンテンツ出力に必要な個所をカスタムテンプレートへコピペして表示させています。

カスタムテンプレートファイルの作成手順

1、カスタムテンプレートファイルを作成する

まずは、テンプレートファイル(PHPファイル)を作成し保存します。
今回はLP-test-templates.phpというファイル名で作成しています。
ファイルの保存先は、テーマ内に保存しています。

2、カスタムテンプレートの設定

テンプレートの最上部にテンプレート名などを記載します。

チェックポイント

『Template Name』にはテンプレート名を記述します。
固定ページや投稿の際に【投稿の属性】欄のテンプレートより選択する際のテンプレート名となります。
『Template Post Type』へポストタイプを記述します。
Post Typeの指定には、post(投稿)と page(固定ページ)product(カスタム投稿 product) があり、指定したポストタイプ使うことが出来るようになります。
今回のテンプレートには、post(投稿)と page(固定ページ)で使用できるように設定しています。