これは便利。複数のテーマをWordPressで使える!

便利なWordPressプラグイン

Theme Test Driveの設定

【追記:2018.6.9】※一部内容を修正しました。

ランディングページなど、指定ページのデザイン変更するには、次の手順で設定を進めます。

手順作業内容
手順1Theme Test Driveを有効化し
テーマのカスタマイズ
手順2Theme Test Driveを停止
手順3Multiple Themesを有効化し
Multiple Themesの設定

Theme Test Driveでテーマ設定

Theme Test Driveを有効化

手順1の実施

「Theme Test Drive」を有効化します。
次にTheme Test Driveの設定を行いランディングページや、デザイン変更するページへ摘要するテーマを有効化します。

Theme Test Driveの設定

【外観】→【Theme Test Drive】の順に進み「Theme Test Drive」の設定画面へ進みます。
【Theme Test Drive is Enabled.】(ここでテーマを選ぶ)→【Enable Theme Drive】をクリックすると摘要するテーマが有効化されます。

Theme Test Driveを有効化 「Theme Test Drive」が有効化されていると、別のテーマを有効化した状態でも、ログアウトした状態の画面表示は、元のテーマで表示されますので、ご安心下さい。

【WordPressログイン中の、TOPページ】

multiple-themes_new

【WordPressログアウト中の、TOPページ】

multiple-themes_old

テーマのカスタマイズ

「外観」→「カスタマイズ」より、テーマの設定を行います。
特にここで、「メニュー」や「ウィジェット」などのテーマのカスタマイズで設定可能な個所を設定していきます。
CSSの修正等は、後でかまいませんので、「カスタマイズ」で設定可能な個所だけ作業を進めます。

theme-test-drive2

Multiple Themesの有効化

Theme Test Driveを停止

手順2の実施

「Theme Test Drive」を停止します。
※「Theme Test Drive」を停止せずに「Multiple Themes」プラグインを有効化すると、「Plugin Conflict Error Detected」と表示されせっていが出来ないようです。

plugin-conflict-error-detected

Multiple Themesの設定

WordpPressのマルチテーマ化

手順3の実施

さて、いよいよWordpPressの指定ページのテーマを変更して、マルチテーマ化します。 「外観」→「Multiple Themes Plugin」へと進むみ、Multiple Themesの設定を行います。 設定は多岐にわたりますが、取りあえず「Settings」タブを選択し、「For An Individual Page, Post or other non-Admin page;」と記載された箇所の「Select here if URL is a Prefix」「Theme」「URL of Page, Post, Prefix or other」の3ヶ所を設定します。

multiple-themes-setting
Multiple Themesの設定内容
  • 「Select here if URL is a Prefix」はURLを選択
  • 「Theme」は、指定ページに適用するテーマをプルダウンメニュー内より選択
  • 「URL of Page, Post, Prefix or other」へは指定ページのURLを記載
  • 「Save All Changes」をクリックして設定を保存

これで、WordPressのマルチテーマ化の完了と、指定ページのデザイン変更も完了しました。
ちなみにこれは便利。複数のテーマをWordPressで使える!ページは、記載した手順でテーマを変更していますので、ご確認下さい。
デザインや雰囲気が違うランディングページを作りたい時や、特定のページだけデザインを変えたいといった時には、ぜひ「Multiple Themes」「Theme Test Drive」プラグインを使ってのデザイン変更をためして下さい。