WordPressテーマ編集の効率アップ プラグイン 「Advanced Code Editor」

テーマ・プラグイン編集画面を拡張する「Advanced Code Editor」

WordPressのテーマ編集とプラグイン編集画面が行番号とコードの色分けがされて、見やすくなる使い勝手のいいプラグインです。 特に、テンプレートのCSSを修正する際に、行版号が表示されているので、修正箇所の特定がたやすくなり編集作業が捗ります。 このプラグインは、PHP、HTML、CSS、JavaScriptのコードに対応しており、インストール後有効化を行うと、編集画面へ行番号の表示とコードの色分けが行われます。

WordPress Advanced Code Editorのインストールと有効化

Advanced Code Editorのインストール

advanced-code-editor2

「プラグイン」「新規追加」を選択します。
「プラグインの検索」欄へ「Advanced Code Editor」と入力します。
検索を行うと、Advanced Code Editorが表示されます。
「今すぐインストール」をクリックします。
「プラグイン」Advanced Code Editor「有効化」をクリックします。

WordPress プラグイン「Advanced Code Editor」の有効化が完了です。