エースワン330ルームを事務所へ -その1-

エースワン330ルームの購入

補助金の採択を受け、エースワン330ルームの購入に向けて準備を始めますが、ここでも新型コロナの悪夢が・・・

購入に向けて

2021年

エースワン330ルームの購入は、お金があって在庫があれば簡単なハズなんですが、まあ~これから納車までなかなか大変でした。

在庫がない

2020年から猛威を振るう新型コロナ。
マスク・消毒液品切れのから始まり、WEBカメラや配信機材等、何でもかんでも『品切れ』『入荷未定』と、とんでも無い事態となりました。
補助金の採択が決まり、とっとと購入したいキャンピングトレーラーです。
早速フジカーズジャパン鳥栖店へ連絡。
フジカーズジャパン鳥栖店へは、補助金申請の際に見積を取ったりと色々お世話になっていました。
すぐにでも購入したいエース330ルームですが、在庫がありません。

なぜエース330ルーム なのか?

今回の計画の肝は、エースワン330ルーム!
エースワン330ルームの特徴は、トレーラーの後ろが、カーゴスペースになっており、背面には観音開きのドアが設置されており、荷物の出し入れも楽に出来る事。

この特徴を生かして、テーブル・椅子・43インチモニターの出し入れが楽に出来ます。
※購入前はYoutubeやHPでさんざん330ルームのカーゴやドア等のチェックをしました。
購入後、自分の好きなように機材の配置が出来るトレーラー。この条件を満たすトレーラーは、エースワン330ルーム以外ありませんでした。

実際購入後は、テーブルや43インチモニターを設置して、トレーラー内で仕事が出来るようにしています。

遥か彼方スペインから

そんなトレーラーですが、在庫が無いのは仕方ありません、急いで予約しても日本への到着は7月末で、納車は8月末の予定との事でした。

スペインからの輸入なのでどうしようもありません。
『まー10月末までに完了すれば良いので、問題無いさ~』と思って、スペインからの船便の到着を待ちわびていました。

届かないトレーラー

無いものは仕方ない。お盆明けからは忙しくなるな!と思いつつ、納車に向けて準備を進めていました。

先ずは、ヘッド車の950登録です。
エースワン330ルームは車両重量が750Kg以下なので、牽引免許が無くても大丈夫です。
ヘッド車の950登録が出来ていれば、トレーラーを牽引して捕まる事もありません!

愛車ランドクルーザープラド(平成9年)は年式は古くなりましたが、まだまだ絶好調!
トレーラーを牽引するのも問題ありませんし、950登録(自動車牽引登録)の情報がネットにあるので必要書類を揃えて、熊本運輸支局で手続きを行い、簡単に950登録が完了しました。

資金面も補助金が採択されていると、銀行での借り入れもスムーズに出来て問題ありません。
準備万端、トレーラーさえ届いて納車完了すれば、移動事務所が実現します。

ゴールはすぐそこです。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)