WordPressの不正ログインを防ぐセキュリティ設定

WordPressのセキュリティ設定4

.htaccessでのアクセス制限設定

『.htaccess』を用いたアクセス制限では、必ず『.htaccess』ファイルをバックアップして作業を実施してください。
また、ブログへの管理や投稿などを複数の場所で行っていたり、IPが固定でない場合はおすすめいたしません。
管理画面にアクセス出来なくなる事もありますので、『.htaccess』を用いたアクセス制限設定は、ご注意下さい。

WordPressのインストールされた、ディレクトリ内の『wp-login.php』と『wp-adminディレクトリ』内の.htaccessを設定します。

wp-login.phpへのアクセス制限の追加

WordPressのインストールされた、ディレクトリには、「.htaccess」がすでに設置されていますので、まずはバックアップして下さい。
バックアップ完了後、次の内容を「.htaccess」へ追加します。

「htaccess」の最終行には、必ず改行を入れてください!

「allow from ×××.×××.×××.×××」の「×××.×××.×××.×××」箇所は、アクセスするグローバルIPアドレスを記入します。
グローバルIPアドレスを確認するには、「IPチェック」よりご確認下さい。

これで、WordPressのコントロールパネルへのアクセス制限が完了です。
設定されたグローバルIP以外では、接続できないようになっているはずです。「.htaccess」設定後コントロールパネルへのアクセス出来ない場合は、一旦バックアップしている「.htaccess」へ戻してコントロールパネルへのアクセス出来るかを確認して下さい。問題がなければ、編集した「.htaccess」の内容をご確認下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

JS/Adware.Revizer.Bにご注意を

次の記事

IPチェック